読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもいはびこり

気が向いた時に書いています。リアルな知り合いの方、気づいてもほっといてくださいね。

ライブに行って思うこと

4月23日、24日と、キンモクセイの伊藤さんのソロライブに行ってきた。

二人のアカボシ好きだったし、なんとなく覗いてみようと行った、約二年前のライブ。

そこで、彼の歌を初めて生で聴き、がつんと衝撃を受け、その後足繁くライブに通うようになった。

伸びやかで、それでいて芯のある歌声。

時には爽やか。また時には艶っぽい。

そんな声を聴いていると、お酒を呑んだ時のように、ぽーっとしてしまう。

そんな歌声ももちろん唯一無二であるが、私の好きな他のミュージシャンとは異なる点がある。

彼のソロライブでは、必ず曲前に解説が入る。

また、MCではそんな裏側のことまで言っていいの?と言いたくなるようなことまで話す。

彼のライブに行く前は、私にとって、ライブとは非日常の場所だった。

夢を見させてくれる、そんな場所。

ミュージシャンが音楽を通し、前向きなメッセージだったり、なんやかんやを伝えてくれるが、それはその場だけの話だ。

別に真実なんて私も求めていない。

現実で問題に直面した時、その夢を思い出して、なんとか頑張れる。

その力を与えてくれるのがライブだった。

だけども、伊藤さんは違った。

客との距離感が本当に近い。

過去にはいろいろあったようだが、今は全面的に開放している。

その時その時の、嘘偽りのないことばを話してしてくれる。

だからこそ、時には不確定なことを話したり、ことばに詰まることもあるけども……。

嘘がないから、伊藤さんの方が他のミュージシャンよりも上だとかということもない。

それに、彼の言うことが本心かもわからない。

でも、それでいいんだと思う。

 

……書いていて、なんか言いたいことがよくわからなくなってしまった。

とりあえず、白シャツ×眼鏡は最高です。