読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもいはびこり

気が向いた時に書いています。リアルな知り合いの方、気づいてもほっといてくださいね。

余韻がすごい

 

先日ライブへ行ってきた。

 

ふたりバーター旅 道連れ編  〜伊藤俊吾と佐々木良そして後藤秀人〜 @まほろ座 2015.9.22(火) 昼&夜公演

 

活動休止中のキンモクセイ5人のうち、3人が集まってライブするという、ファンにとってはたまらないライブ。

…と言いつつ、私は、キンモクセイが活動中、特別ファンだったわけではない。

まぁ好き、ぐらいで、存在自体忘れていたぐらいなんだけども。

なぜか、去年の冬に「二人のアカボシ」を聞きたくなって。

ベストアルバムを借りてみたりして。

で、そういえばどうしてるかな~なんて検索してみたら、伊藤さんと佐々木さんが組んで活動し始めてて。

ボーカルの伊藤さんは、長らくおやすみ中だったみたいだけども、去年から活動し始めたと知り。

で、で、なんとなく使命感が生まれ、今年の1月に下北沢でのライブに行ってみた。

 

これが、本当に、楽しかった。あたたかかった。

 

伊藤さんの声は、私のこころとからだに染み入った。

のびやかでしなやかで、やさしくもつよい歌声だった。

休んでいた期間もあるのに、それを全く感じさせなかった。

 

キンモクセイ時代の曲はもちろんよかったのだけど、休止後それぞれの活動の中で作られた楽曲もよかった。

人生における怖かったものを次々挙げていく「こわかった」は、自分の経験を思い出してしまってぐっときた。

命について歌った「僕がいなくなっても」は、♪僕の心臓が止まっても、の歌詞にドキリとしてしまったけど、ネガティブのようでポジティブな歌の世界観に引き込まれた。

他にも遊び心のある演奏や、お二人やサポートの方とのやりとりなど、ゆるくも濃厚な時間であった。

 

そして何より、お二人とお客さんとの距離感。

キャパ100人くらいのバー兼ライブハウスだったため、アットホームな雰囲気だった。

そこにいるみんながライブを楽しんでいた。

こころがあたたかくなった。

 

そして、物販ではご本人たちがCDを手売りしているという…。

緊張しすぎてほとんど何も言えなかったのだけども。

 

何日か経っても、ライブで感じた至福感が抜けなかった。

キンモクセイのCDやDVDを集めた。

できるだけ新品を購入しようとしたけれど、時間も経っていて売っていないので、中古も含みつつ。

ちゃんとCD聴いてみると、本当に好きな曲ばかり。

自分の中でキンモクセイブームが起きましたよ、はい。

 

 

その後、8月に伊藤さんのソロライブ@名古屋へ行ってみて、やっぱり大好きだなと実感して、こころが満たされた。(このことはまた書くかも)

もうブームどころじゃないよ、ファンだよ、ずっと好きだよ。 

 

 

そして、先日のまほろ座でのライブである。

まほろ座は、キャパ70人ぐらいのレストラン兼ライブハウスで、指定席だったのだけど、昼は少し距離があり(といっても普段行くライブと比べれば断然近い)佐々木さん側、夜は一列目で後藤さんの前であった。

って、一列目!!! やばいだろ!!!

 

三人の各々の活動の中で生まれた曲を、集まった三人が披露する。

キンモクセイ時代の曲が聴けるのはもちろんだけど、これを見て聴いて感じれる私は幸せ者だと思った。

昔からのファンではないことに少し負い目があったのだけれど、そんな私でもライブに行って、それをこころから楽しんで幸せを感じさせてもらえている。

うれしいんだな。

 

「ねこすけ」という、猫と人間が仲良くなっていく様子を歌った曲が披露されたのだけど、とってもかわいい歌で。

途中で、ギターで奏でる猫の鳴き声なんかも入ったりして。

後藤さんのインスト曲「男のテーマ」でも歌を入れてみたり。

あ~、こういうところが楽しいんだよな~。

あと、1月に聴いたときから好きだった「こわかった」と「僕がいなくなっても」も聴けたし。

 

ライブ中、ずっと楽しくてにこにこしていたと思う。

すぐに余計なことを考えてしまう私だけど、ライブ中、私は純粋にその時間を楽しく過ごせていた。

そして、その気持ちは、思い出せば、いや思い出さなくても、数日たった今でも、幸せの余韻が残っている。

こういうライブはたくさんあるわけではない。

大事にしていきたい。